取材インタビュー
お子様の誕生を機に、ご両親と暮らす二世帯住宅を建てたJ様ご夫妻。
家づくりに込めた思いや完成したお住まいについて、ご主人と奥様にお聞きしました。


「信頼できる地元の会社で作りたい!」
的確な提案で、大満足の二世帯住宅が完成

家を建てるまでは賃貸アパートで暮らしていたと言うJ様ご家族ですが、そもそも小林工業を選ばれた決め手は何だったのでしょうか。
「家を作るなら地元の会社で建てたいと思っていたんです。地元で130年以上の歴史があり施工実績も豊富な小林工業さんに決めました」(ご主人)


施工が始まると、快適な暮らしを思い描くあまり、ご夫妻からもご両親からもたくさんの要望が出て、時にはまとらなくなってしまうこともあったと言います。
「そんな時は、急かさずこちらのペースに合わせてじっくりと考えさせてもらえたので、信頼してすべてを任せることができました。また片方の意見だけを取り入れるのではなく、それぞれの思いを受け止めて“2世帯にちょうど良い”提案をしてくれたのも助かりましたね」と奥様。
続けてご主人も、「担当されたスタッフさんはみんな親切・丁寧に対応してくださいましたし、納得いくまで何度も図面を書き直していただいたおかげで、家族みんなが大満足の住まいを作ることができました」と笑顔で語ってくれました。


そうして完成したJ様邸は、ただスペースを分けるだけでなく、親世帯と子世帯が互いに適度な距離を保ちながらもつながりを感じられるものになりました。

木のぬくもりが生きた住まいで
家族みんなの思いが未来につながる

たくさんのこだわりが詰まったJ様邸ですが、ご夫妻が一番こだわったのはどこでしょう。
「床材を、時間をかけてなじむ無垢材にしたことですね。また内装には木の化粧柱を入れました」とご主人が話す通り、J様邸には床をはじめ、内装にも外装にも木のぬくもりが生かされています。


また引き渡しから1年余り経ち、すべての季節を過ごした中で、ご夫妻それぞれがお気に入りの場所を見つけたご様子。
「私のお気に入りは、家族の様子がいつでも見渡せる開放的なキッチンですね。夫は、子供たちと一緒に入浴できる広いバスルームが一番好きみたい」(奥様)
「ちなみに大きな窓があるリビングとそこからつながるウッドデッキは、わが家の一番の特徴なんです。これから子供たちが大きくなったら、子供部屋を間仕切りで2部屋に分けたいと思っているんですよ」(ご主人)


ご家族みんなの思いが、ステキな住まいから未来へとつながって――。パパ・ママ、そして一緒に暮らすおじい様・おばあ様に見守られ、2人のお子様たちはこれからもスクスクと成長していくに違いありません。

文/フリーライター 増田 美栄子

●入居…2016年9月  ●住宅タイプ…木造2階建(二世帯住宅)
●ご家族…J様ご夫婦+お子様2人+ご両親
●敷地面積…464.40u(140.48坪)  ●延床面積…225.64u(68.25坪)
●間取り…<子世帯>LDK+浴室・洗面・トイレ+子供部屋+寝室+WIC
       <親世帯>LDK+和室+浴室・洗面・トイレ+寝室
  • 注文住宅
  • 住宅施工実績
  • 取材インタビュー
  • お客様の感想
  • 一般建築
  • 公共施設
  • 文化・教育施設
  • 医療・福祉・介護施設
  • 工場・倉庫
  • 集合住宅
  • オフィス・商業施設
  • 土木
  • 土木施工実績
代表挨拶
社員ブログ
採用情報
Copyright(C) 2011 kobayashi kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.