トキ、メイク、マチ。

Toki Make KOBAYASHI

思えばいつだって、まちとともにあった。

大工であり、火消しであった昔から
ひとを、まちを想い、守ることを我が使命ととらえるDNAは
時々でカタチを変えながら受け継がれている。
ただのモノではなく、ひとの営みが行き交う<場所>をつくっている。
そこに流れる<とき>は、やがてはひとの、まちの、<記憶>となる。
ひとの記憶にときめきを。まちの風景にいろどりを。
わたしたちはこれからも、ひとの まちの ときをつくり続ける。