道路や河川、橋。
土木が支えるのは生活そのもの。

道路ひとつで人の生活は劇的に変わり、人の流れによって街は形成される。
土木とは縁の下で人々を支える仕事であり、未来の地図を描く仕事である。

CIVIL ENGINEERING

KOBAYASHI SERVICE DIVISION

常にそこにある事が当たり前で、誰も気にも留めない道路や河川、橋など。土木が手掛けるそれらの分野は、人々の生活を支える社会基盤そのものです。だからこそ、我々のサービスの中で最も安定した品質が要求される分野であると言えます。アスファルトやコンクリートで覆われていますが、精緻な作業と入念なプロセスによる内部構造が、長期の使用に耐えうる強度を生み出しているのです。また、環境に配慮した持続可能な社会を目指し、現存する土木構造物の長寿命化を可能にする、維持補修工事にも取り組んでいます。

コバヤシの土木

CIVIL ENGINEERING

1
安全・安心な生活を支える
人々の暮らしに無くてはならない道路や橋などの社会基盤に携われることは、私たちの誇りでもあります。災害等の有事の際は市民生活を守るという使命感を持ち活動しています。
安全・安心な生活を支える

CIVIL ENGINEERING

2
細部にも妥協のない工事品質
多くの市民が利用する公共施設を作り上げるという責任感を持ち、現場の状況に応じた材料や施工方法等を検討・提案し、より良い品質を保てるよう心掛けております。
細部にも妥協のない工事品質

CIVIL ENGINEERING

3
100年先を造る、記憶に残る仕事
幼き頃、父とともに歩いた道を、今、子供と手をつなぎ歩いている。
この子もまた、この道を。。。
そんな長い間利用される社会基盤を、私たちは作っています。
100年先を造る、記憶に残る仕事